明治以降の近代化は、人類の歴史の奇跡なのか?



英国の歴史家のアーノルド・J・トインビーは、世界でも名だたる歴史家で分析文明評論家で歴史学者でもあります。その彼が、
「日本の明治以降の近代化は、人類の歴史の奇跡の一つ」と言っています。

「明治になって、一気に日本人が変貌した」
と思われていたのでしょうか?

トインビーでさえも、なぜなのかという事がわからなかった。奇跡というのは分析を諦めている証拠だからです。世界に名だたる歴史家でもこのような評価をしているという事です。

ところが、英国人にとっては奇跡でも、日本人から見れば、必然であった、事が、この動画を見ればわかります。

江戸時代から明治時代に向かった近代化というのは、一言で言うと、「幕藩封建体制」から「国民国家」への変身です。

清(しん)で、アヘン戦争があり、その後、黒船が日本にペリー艦隊が日本列島にやって来ました。日本国内では、この黒船をめぐってどうするのかという事が、大きな論争のテーマとなり、それで大政奉還へと繋がり、王政復古の大号令がありました。

そして、戊辰戦争を経て、江戸が戦火に見舞われる直前に、勝海舟と西郷隆盛との会見で、江戸への攻撃がなされない事が決まり、戦火を免れた、という事がありました。決定的な国内分裂が避けられたわけです。

もちろん、血気盛んな武士たちの多く、血を見なければ収まらなかった事もありましたが、それは局地戦に過ぎませんでした。

数で遥かに上回り、フランス製の武器を使う幕府軍が、イギリス製の武器で固めているとはいえ少数派に過ぎない薩長軍に降伏したおかげで、国内を二分する内戦状態にならなかったというのが、幕末の物語です。

この話、ヨーロッパ人には理解できない不思議な事があります。

それは何でしょうか?

この話、ヨーロッパ人には理解できない不思議な事。

それは、なぜ通訳がいないんだ、という事です。
こんな事は、世界ではあり得ません。

ヨーロッパで使われていた言葉は、もともとはローマ帝国の公用語のラテン語だったのに、現在では様々な言語に分かれています。世界の常識では、言語というものは分裂する運命だからです。

日本の国土は北から南までだと、ヨーロッパではドイツのベルリンからスペインのバルセロナまでの距離と同じです。そして、中央に脊梁山脈が走っていて、各地は地形で分断されています。そこに住んでいる人達が同じ言語をしゃべるなんてことは、他の国ではあり得ません。

その象徴が「旧約聖書」にあるバベルの塔ですね。ノアの子孫の人間たちが天にも届くような塔を造っているのを見ていた神様が、人間のしゃべる言葉をバラバラにして建設させないようにしてしまいます。それで、皆が各地にバラバラに散ってしまうという話です。
これ以降、人間はどんな土地へ行っても違った言葉をしゃべる宿命に追われていくことになります。

EU諸国では、まだ離脱していない英国を含めると、28ヶ国が参加しており、EU議会の公用語が24言語です。EUには自分たちの国の言語を守るという約束があります。だから、議会では自分たちの言語が公用語でないのは許せない、というのが条件だったのです。
議会の同時通訳は、常時350人。重要な議会の場合には500人。年間1500億円の費用がEU議会にかかっていると言われております。

英国内でも、イギリス英語、コーンウォール語、ウェールズ語、スコットランド語、アイルランド語の5つの言語が使われております。なのでEU内28ヶ国の言葉が統一されていないのは、当たり前と言えば当たり前の事です。あのちっちゃなイギリスでさえ、このように言語が分裂します。

ですから、このEUの28ヶ国の言葉が分裂していくというのは、当たり前といえば当たり前の事です。一番の原点はバベルの塔なんですよね。
ノアの子孫はこの塔を造ったとありますが、なぜこんな塔を造ったのか、一切書いてありません。

「さあ、町をつくり、天に届く塔を建て、名を揚げよう。我々が、全地に散らばせられないように。」

大洪水があって、ノアの家族が様々な動物のオスとメスを方舟に乗せて、あの家族だけがさまよい出たわけで、その子孫が作ったとうのだから、これはきっと洪水に対する避難タワーではないでしょうか。

こういう中で、なぜ日本語は分裂しなかったのか?

ヨーロッパと同じように3500kmもある日本列島で真ん中に脊梁(せきりょう)山脈があり、各地が分断されている国にも関わらず、通訳なしに会話できるのか?

これが実は日本近代化の大きな手掛かりの一つです。

まず、日本人は情報を共有していました。
文字の共有をしていました。

日本は、情報が蜘蛛の巣のように張り巡らされていた国でした。
広重の「東海道五十三次」の浮世絵などを見れば良くわかりますが、
大きな船が日本列島中を行き来し、多くの船が帆を下ろして休んでいます。
大きな船が港に着くと、小舟で川の中を小運搬(こうんぱん)しています。
そういう姿が描かれています。これがドンドン上流に向かっていくわけです。
日本中が、この船のネットワークで結ばれていました。
この情報の蜘蛛の巣の上に、日本人はいました。こんな国は他にありません。
しかも海だけでなく、川の奥深くまで港を作り、山の奥まで引き船があったという事です。

江戸へ行くときには、米や果物や木材などを運びましたが、こんな山奥まで何を運んだのか?

それは情報です。情報を運びました。

江戸に品物を届けて空船になった船の中には瓦版(かわらばん)や浮世絵、人形など、江戸の貴重なものが満載されていました。

当時の日本中の人達が、瓦版を読んで楽しんでいました。「赤穂浪士が討ち入りした」など、1週間後には、日本中の人達が知っていたと言われています。

まさに情報の固まりが、日本列島の津々浦々、海の港から山の奥までたどり着いていたわけです。

つまり、江戸時代の265年間、日本中の人達は、江戸から発信された文字や情報を共有していたわけです。

このように日本人が同じ文字を読み、同じ文字を語る。同じ言語を使っていたからこそ、強い日本が生まれ、近代化への原動力となったわけです。

コメント


認証コード1750

コメントは管理者の承認後に表示されます。